宿泊日

から
まで

ご宿泊人数 /室   部屋数

プラン属性

検索方法

宿泊プラン別
部屋タイプ別
価格順に検索

宿泊予約直通

新規会員登録 予約確認・変更・キャンセル

空室検索・宿泊予約

イベント情報

ホテル日航プリンセス京都 ×みんなのミュシャ
ミュシャからマンガへ―線の魔術

期間

2019年10月12日(土)~2020年1月13日(月・祝)

京都文化博物館にて10月12日より始まる「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」。
「線の魔術」ともいえる繊細で華やかな作品は人々を魅了し、ミュシャ様式と呼ばれるそのスタイルは、後世のアーティストに影響を与えてきました。ミュシャ財団監修による本展は、ミュシャ幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、ミュシャの原点と作品の魅力に迫ります。
ホテル日航プリンセス京都では「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」 開催期間中、コラボレーションイベントとして鑑賞券付きランチプランとオリジナルカクテルを販売いたします。

アルフォンス・ミュシャ
《椿姫》1896 年 カラ―リトグラフ
ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust2019

 

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。
「線の魔術」ともいえる繊細で華やかな作品は人々を魅了し、ミュシャ様式と呼ばれるそのスタイルは、後世のアーティストに影響を与えてきました。ミュシャ財団監修による本展は、ミュシャ幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、ミュシャの原点と作品の魅力に迫ります。さらに、ミュシャ作品から影響を受けた明治の文芸誌の挿絵から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やイラストレーターの作品まで、およそ250点を展示いたします。時代を超えて愛される画家の秘密をひも解く、これまでにないミュシャ展に、どうぞご期待ください。

 

 

 

 

◆“みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術” 鑑賞券付 ランチプラン

 

●メニュー

 

○豚肉のパテとザワークラフトのサラダ仕立て
  ビール香るヴィネグレット

 

○牛サーロインのロティとチェコスタイルのビーフシチュー
  じゃがいものパンケーキ添え

 

○パン

 

○リンゴとレーズンのパイ包み焼き
  バニラアイスクリーム添え

 

○コーヒー または 紅茶

 

※写真はイメージです。またメニュー内容は変更となる場合がございます。

 

 

 

 

●期間 2019年10月12日(土)~2020年1月13日(月・祝)
※除外日 2019年12月28日(土)~2020年1月3日(金)

 

●料金 ¥3,900(税・サ込) ※割引対象外

※上記料金には、お一人様分の鑑賞券(一般)、税金、サービス料が含まれております。

※お食事前に「“みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術” 」を鑑賞される
 お客様は前もって「カフェ&ダイニング アンバーコート」にてご精算ください。
 鑑賞券をお渡しいたします。

 

●開催店舗 アンバーコート

 

●ご利用時間 11:00~14:30

 

●ご予約・お問い合せ 075(342)2156 (アンバーコート直通)

 

 

 

 

 

 

◆みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術 開催記念カクテル

 

左より

 

「Espoir」

 

モンテカルロへの鉄道列車の旅の観光ポスターを題材にしました。
本来は、ライラックと湖のブルーが印象的なカラーリングです。
女性のポーズは、ミュシャが好んだ「希望」のポーズで、
モンテカルロの復興、辛い冬の時代から繁栄の春の時代への
願いを込めて作られました。
カクテルもミュシャの思いを汲めるよう
ハーブを中心に彩りを重点に作成いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルフォンス・ミュシャ《モナコ・モンテカルロ》
1897年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵

©Mucha Trust2019

 

 

 

 

「Dance」 

 

ミュシャは多くの洋酒のポスターも手掛けており、
中でも当時流行したアブサンのポスターは有名です。

 

また「Dance」は、4芸術をテーマにした4連作の一つですが、
ミュシャは珍しく「舞踏」を取り入れました。
このカクテルでは舞踏を強調するよう、氷を少なめにし、
炭酸ドリンクで仕上げることでバラの花弁が舞う
カクテルを仕上げ、アブサンの香りをまとわせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルフォンス・ミュシャ《舞踏―連作〈四芸術〉より》 
1898年 カラーリトグラフ  ミュシャ財団蔵

©Mucha Trust 2019

 

 

 

 

 

 

●期間 2019年10月12日(土)~2020年1月13日(月・祝)
※除外日 2019年12月28日(土)~2020年1月3日(金)

 

●料金 各¥1,600 (いずれも税金・サービス料込)

 

●開催店舗 ダーレー

 

●ご利用時間 17:00~24:00
 (ラストオーダー:お料理…23:00・お飲物…23:30)

 

●ご予約・お問い合せ 075(342)2176 (ダーレー直通)

 

 

 

 

◆みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

 

○会場 京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)
    ※ホテルより徒歩約15分

○期間 2019年10月12日(土)~2020年1月13日(月・祝)

 

※休館日:月曜日 
 (祝日の場合は開館、翌日休館)
 12月28日(土)、12月29日(日)、12月30日(月)、12月31日(火)、
 1月1日(水)、1月2日(木)、1月3日(金)は休館

※開室時間:10:00~18:00/金曜日は19:30まで(入場は閉室の30分前まで)

 

*その他の詳細は公式ウェブサイトをごください。※外部サイト(京都文化博物館)にリンクします。

一覧へもどる