宿泊日

から
まで

ご宿泊人数 /室   部屋数

プラン属性

検索方法

宿泊プラン別
部屋タイプ別
価格順に検索

宿泊予約直通

新規会員登録 予約確認・変更・キャンセル

空室検索・宿泊予約

イベント情報

1月7日のご朝食に「七草粥」をご用意

期間

2019年1月7日(月)

無病息災を願って食べる「七草粥」を、1月7日のご朝食にご用意いたします。

ご利用時間

7:00~10:00

ご利用料金

¥2,600(税・サ込)

場所

カフェ&ダイニング「アンバーコート」(1階)
日本料理「嵯峨野」(2階)

1階 カフェ&ダイニング「アンバーコート」七草 0

   朝食ブッフェ ¥2,600(税・サ込)
   *ブッフェの一品としてご用意いたします。

 

2階 日本料理「嵯峨野」

   和朝食 ¥2,600(税・サ込)

 

◆時間 7:00~10:00(アンバーコート・嵯峨野両店)

 

≪春の七草≫
・せり…「芹」 ・なずな…「三味線草」 ・ごぎょう…母子草」
・はこべら …「 はこべ」 ・ほとけのざ …「 コオニタビラコ」
・すずな …「 蕪」 ・すずしろ …「 大根」

 

「七草粥」はもともとは中国から伝わったとされています。
旧暦の一月七日は、新年の占い始めの日であるとともに
朝廷に年賀を述べる日でした。
平安時代、凍てつく真冬の大地に根をおろし、寒さに耐え育つ
七草を入れた粥「七草粥」を食べることが慣例となり、
江戸時代には五節句(人日「じんじつ」の節句1/7、
上巳「じょうし」の節句3/3、端午の節句5/5、
七夕の節句7/7、重陽「ちょうよう」の節句9/9)の
一つとして幕府の公式行事となりました。
その後、邪気を払い、無病息災を願って食されるようになりました。 

 

*上記以外にも諸説ございますが、こちらでは一例をご紹介しています。

 

 

一覧へもどる