宿泊日

から
まで

ご宿泊人数 /室   部屋数

プラン属性

検索方法

宿泊プラン別
部屋タイプ別
価格順に検索

宿泊予約直通

新規会員登録 予約確認・変更・キャンセル

空室検索・宿泊予約

スタッフブログ

※掲載内容は投稿日現在の内容です

7月に開催「京の名酒と懐石ご賞味会」

2015.06.01 update

毎回ご好評をいただいている京都リビング新聞社主催のシリーズイベント

 

「京の名酒と季節の懐石ご賞味会」を、7月10日・17日・24日・31日の

 

4日間に渡り、日本料理「嵯峨野」(2階)にて開催いたします。(いずれも金曜日)

 

第16回目となる今回は、京都  城陽の「城陽酒造」とのコラボレーションをお贈りいたします。

 

joyoshuzo

 

 

城陽市で唯一の造り酒屋である城陽酒造は、明治28年(1895年)の創業。

 

地下100mから汲み上げた水と手間暇かけて育て上げられた酒米を使用し、

 

1本1本手作業で品質第一を目標に酒造りを営まれています。

 

sake

 

城陽は京都市と奈良市のちょうど中間にあり、温暖な気候と木津川の伏流水に恵まれています。

 

イベントでは、一切の圧をかけずに自然のままに滴り落ちる雫のみを集めた

 

杜氏の全精根を打ち込んだ極上の一本「純米大吟醸 城陽 袋搾り 雫」をはじめ、

 

地元の青谷梅園で採れた肉厚で香り高い大粒の梅の実を用いた

 

梅の里ならではの梅酒もお楽しみいただけます。

 

 

 

お料理は、夏の京都ならではの食材「鱧」や「鮎」などを使用した、

 

季節感あふれる全8品の懐石をご用意いたします。

 

鮎焼

焼肴:活鮎の塩焼

 

 

shimamoto

 

また、城陽酒造4代目社長 島本稔大(としひろ)氏も来場予定。

 

お酒造りにかける情熱やこだわりなどのお話とともに、

 

奥深い日本酒の世界に触れるひとときをお過ごしください…

 

 

 

その他イベント詳細、メニュー内容につきましてはイベントページをご覧ください。

 

皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

 

◆ご予約・お問い合せ 075(342)2163 (嵯峨野直通)

 

※写真はイメージです。